よくあるご質問

<お問合せの多い内容を随時更新いたします>


○プロデュース公演

 ・カタシマオフィスは、AKA Company以外のプロデュース公演は行わないのか?

  →当面はAKA Companyのプロデュース公演(海外ミュージカル作品のプロデュース公演)のみでの活動を予定しております。
   今後状況が変わることがありましたら、随時こちらのホームページでお知らせさせていただきます。

 ・AKA Companyとは何か?

  →AKA Companyとは、カタシマオフィスのプロデュース公演の中で、海外ミュージカルを輸入し上演する事を目的とする集団です。

 ・AKA Companyの所属メンバーは?

  →AKA Companyに特定の所属メンバーはおりません。カタシマオフィスのプロデュース公演として、毎回、出演者・スタッフを
   一からキャスティングさせていただいております。


○演出依頼

 ・団体所在地はどこでも、依頼できるか?

  →大変申し訳ありませんが、演出依頼につきましては、稽古場所が東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の団体様に限らせていただいて
   おります。直接お会いすることが前提の依頼となるため、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

 ・契約はメールや郵送のやりとりでは出来ないのか?

  →よりお客様のご希望に沿った演出プランを制作するため、ご契約の際はお打合わせも兼ねて必ず直接お会いすることを
   お願いさせていただいております。直接お会いすることが難しい場合、ご契約は出来かねますので予めご了承ください。

 ・上演許可をとるのに時間がかかりそうなので、先に演出をつけてもらえないか?

  →上演許可が取れていない状態で演出をつけることは、脚本家の著作権の侵害にあたるため、お受けできません。
   必ず、ご契約の打ち合わせまでに、上演の許諾を得られるようご手配をお願いいたします。
   上演許可がない場合は、ご契約出来かねますので予めご了承ください。

 ・上演許可はいつまでにとれればよいか?

  →状況にもよりますが、稽古開始日の2週間前までには上演許可をお取りいただくようお願いしております。
   (状況により柔軟に対応いたしますので、詳しくは直接ご相談ください)

 ・演出依頼と併せて上演許可申請もカタシマオフィスでやってもらえないか?

  →申し訳ありませんが、上演許可申請の依頼は承っておりません。お手数ですが、依頼者様から著作者への申請をお願いいたします。

 ・演出依頼と併せて稽古場の手配もカタシマオフィスでやってもらえないか?

  →申し訳ありませんが、演出プラン制作以外の依頼は承っておりません。公演のための団体の運営や制作まわりの手配は
   依頼者様にお願いしております。

 ・つけてもらった演出は、その後自由に使っていいか?

  →制作した演出プランの著作権はカタシマオフィスに帰属します。二次利用の際はメニューバーの【お問合せ】より申請をお願いします。
    ※同じ団体様で同じ演出プランを再びそのまま使っていただく際は、基本的にはクレジット記載のお願いのみで新たな演出料などは
     いただいておりません。
    ※無断での演出プランの使用や変更は著作権の侵害にあたりますので、ご遠慮くださいますようお願い申し上げます。


○訳詞依頼

 ・団体所在地はどこでも、依頼できるか?

  →訳詞はメールでのやりとりが中心で直接お会いする必要が基本的にはありませんので、依頼者様の所在地に関わらずご依頼を
   承っております。

 ・メールでのやりとりだけでは不安なので、直接会って相談できるか?

  →直接お会いしてのご相談は可能です。ご希望でしたらお気軽にお申し出ください。

 ・個人的に楽しむための訳詞依頼でも、著作者から訳詞許可をとらないといけないのか?

  →ご依頼者様からカタシマオフィスにご依頼いただきご契約させていただく以上、訳詞許可は必須とさせていただいております。

 ・訳詞許可をとるのに時間がかかりそうだが、先に訳詞をしてもらえないか?

  →訳詞許可が取れていない作品を訳詞することは、原著作権者の著作権の侵害にあたるため、お受けできません。必ず、ご契約までに、
   訳詞(翻訳)の許諾を得られるようご手配をお願いいたします。訳詞許可がない場合は、ご契約出来かねますので予めご了承ください。

 ・訳詞(翻訳)許可はいつまでにとれればよいか?

  →状況にもよりますが、希望納品日の2週間前までには訳詞許可をお取りいただくようお願いしております。
   (状況により柔軟に対応いたしますので、詳しくは直接ご相談ください)

 ・音源だけが手元にあって、楽譜が手元にない場合はどうすれば良いですか?

  →作曲者の意図を最大限汲み取り、分析しながら訳詞をさせていただくため、お手数ですが楽譜は必ずご用意をお願いしております。
   楽譜がご用意いただけない場合、ご依頼を受けかねますので、予めご了承ください。

 ・訳詞依頼と併せて訳詞許可申請もカタシマオフィスにやってもらえないか?

  →申し訳ありませんが、訳詞許可申請のご依頼は承っておりません。お手数ですが、依頼者様から著作者への申請をお願いいたします。

 ・納品してもらった訳詞は、その後自由に使っていいか?

  →制作した訳詞は二次的著作物として著作権はカタシマオフィスに帰属します。二次利用の際はメニューバーの【お問合せ】より申請を
   お願いします。
    ※同じ団体様で同じ訳詞を再びそのまま使っていただく際は、基本的にはクレジット記載のお願いのみで新たな訳詞料などは
     いただいておりません。
    ※無断での訳詞使用や変更は著作権の侵害にあたりますので、ご遠慮くださいますようお願い申し上げます。